和歌山の脱毛

これだけは守っておきたい脱毛サロンでのマナー4選

サロンで脱毛を始めても任せっきりとはいきません。

 

みなさんが守らなければならないマナーや注意点について調べてみました。

 

まず1つめは、予約した時間通りに通うことです。

 

遅刻しないのはマナーでもありますが、10分でも遅れるとその日施術できないサロンも多いんです。

 

また、施術できたとしても、遅刻した分施術時間が短くなってしまうサロンもあります。

 

予約制である以上、みなさんの後に予約されている利用者もいます。

 

前の人が遅刻することで予約通りに行ったのに待たされないように厳しくなっていますので注意しましょう。

 

2つめは、生理中の脱毛についてです。

 

ほとんどのサロンは生理中はデリケートゾーンの脱毛はできません。

 

他の部位については、サロンによって施術できる所もあればできない所など変わってきます。

 

生理中施術できないサロンでも、デリケートゾーン以外なら内緒で脱毛することもできるかもしれません。

 

しかし、痛みが強くなったり肌トラブルが出てしまうこともあります。

 

必ず、各サロンの規定に合わせて、施術できないサロンなら、予約日を変更して対応するようにしましょう。

 

3つめは、脱毛当日のアルコール摂取です。

 

アルコールを摂取することで施術前は痛みが強くなってしまうこともあります。

 

施術後はかゆみや赤みが強くなったりなどの肌トラブルが出てしまうこともあり、アルコールはできるだけ控えておく必要があるんです。

 

4つめは日焼け止めや制汗剤の使用についてです。

 

日焼けすると脱毛できませんし、匂いを気にして制汗剤を使う人もいるでしょう。

 

しかし、どちらも施術前に使用することで脱毛効果が落ちてしまうこともあり、使用しないよう注意しているサロンもあります。

 

同じフラッシュ脱毛でも使用している機器の性能により変わってきますので、事前に確認しておきましょう。

 

使用しない方がいい場合は、日焼けしない服装にしたり、ウェットティッシュで施術前にひと拭きして匂いを対策しておきましょう。

 

これらはマナーだけでなく、みなさんの脱毛効果やトラブルを避ける為でもありますので、しっかり注意してくださいね。